天文学の小ネタ集へ戻る

アンタレスは「火星に対抗する者」ではない

アンタレス (Antares) の固有名を持つさそり座α星は,その見た目の色と明るさが火星に似ており,また黄道12星座の星でもあることからたびたび火星に接近し,対比されることがあります.火星はギリシア神話の戦神アレス (Ares) に結びつけられるため,アンタレスの名は火星に対抗・敵対する者の意味でアンチ・アレス (anti Ares) に由来するとの俗説がありますが,むしろ逆で「火星に比類する者」を意味するギリシア語です.この辺も参照.

なお,星の固有名 (スピカやシリウスなど誰もが知っている星の名称) は,2016年までは単に慣習で使われていたにすぎませんでした.2015年に国際天文学連合が太陽系外惑星の名前を公募するキャンペーンを行い,惑星を持ついくつかの恒星の名前が決まりました.なのに昔から知られている有名所の恒星は固有名が定められていないのはおかしいとなり,国際天文学連合が正式に定めることになりました.昔から使われている星の固有名の多くはギリシャ語か10世紀末のアラビア語に由来しています.


松本 桂 (大阪教育大学 天文学研究室)
e-mail: katsura@cc.osaka-kyoiku.ac.jp