天文学の小ネタ集へ戻る

ジョスリン・ベルの電波望遠鏡

パルサーを初めて発見したジョスリン・ベルの写真としてはこの写真が有名ですが,ケンブジッジ大学在籍時にパルサーを発見したときに使った観測装置は,背景に写っているようなお碗型の電波望遠鏡ではありませんでした. 彼女自身も制作に関与したケンブジッジ大学 Mullard 電波天文台の Interplanetary Scintillation Array が用いられました.あまり (というか全然) 望遠鏡っぽくないですね.

ベルは1967年11月28日に指導教官のアントニー・ヒューイッシュとクエーサーを観測中に,非常に速く繰り返される電波信号を見つけました.その信号があまりに規則的なため,2人はこの電波源を地球外知的文明からの信号との意味を込めて LGM-1 (Little Green Men = 緑の小人) と呼びました.のちにこの電波源は高速自転している中性子星であることがトーマス・ゴールドフレッド・ホイルによって明らかにされました.それと同時に地球外知的文明説も否定されました (SETIの二大誤認のひとつ).

ところでヒューイッシュは「パルサーの発見における決定的な役割」により1974年にノーベル物理学賞を受賞しましたが,第一発見者であり発見論文の第二著者であったベルが受賞対象とならなかったことに対し,ヒューイッシュの同僚だったホイルは強く非難しました.なお,ベルは2018年に基礎物理学ブレイクスルー賞を受賞しています.賞金の全額はマイノリティの学生のために寄付したそうです.


松本 桂 (大阪教育大学 天文学研究室)
e-mail: katsura@cc.osaka-kyoiku.ac.jp