[Return]

柏原市 星空観察講座

大阪教育大学天文学研究室では, 柏原市教育委員会と共催で柏原市の小・中学生を対象とした星空観察講座 (天体観察会) を行なっています.

この催しは,大阪教育大学が柏原市に統合移転した際に,C棟屋上に天文台が建設されたのを機に始まり, 柏原キャンパスにおいて20年以上続いています.

普段は研究用の天体観測装置が取り付けられている口径51cm反射望遠鏡に接眼レンズを取り付け, 惑星や星団などを観察します. 毎回ほぼ募集定員に達する参加があり好評を得ています.

2014年以降は各回にサブタイトルが付くようになりました.

  • 2017年8月27日:伝統的七夕 〜もうひとつの七夕とは?〜
  • 2017年3月5日:月面Xを見よう! 〜月面にうかぶ文字の正体とは!?〜
  • 2016年8月13日:見えるか!?ペルセウス座流星群
  • 2016年3月13日:宇宙を知ろう!!僕らの地球と星々
  • 2015年8月22日:宇宙をのぞこう!〜夏の星と土星の神秘〜
  • 2015年3月28日:冬の星空を見に行こう〜冬の大三角、木星、皆既月食〜
  • 2014年8月30日:夏の夜空と土星を見よう! 〜夏の大三角と神話の世界〜
  • 2014年3月15日:木星、すばる、ベテルギウス…冬の星空を見に行こう!

口径51cm望遠鏡の視野から見た月面

会場の様子 (室内での星座や天体の解説)

口径51cm反射望遠鏡による天体観察

小型屈折望遠鏡による天体観察


松本 桂 (大阪教育大学 天文学研究室)
e-mail: katsura@cc.osaka-kyoiku.ac.jp