天文学の小ネタ集へ戻る

明月記の客星記録は定家の筆によるものではない

『明月記』は,小倉百人一首の選者としても有名な鎌倉時代の公家である藤原定家が,治承4年 (1180年) から嘉禎元年 (1235年) までの56年間にわたり当時の様子などを克明にのこした自筆日記です.南北朝の頃から『明月記』と呼ばれるようになり,天文業界においては,夜空に突然現われる天体「客星」の記録が存在することで広く知られています.

寛喜二年十一月一日 (1230年12月6日) に出現した客星 (このときは彗星) を目撃した定家は,客星の出現と現世の吉凶との相関に興味を持ち,十一月二日に出入りの陰陽師である安倍泰俊に過去の客星の出現記録を照会しました.十一月八日に泰俊は客星の古記録8例をまとめた報告書を返書し,定家はその日の日記の末尾に泰俊の返書をそのまま継ぎ足し日記の一部にしました (当時の書物は巻物).そのため客星記録の部分のみ筆跡が全く異っています.さらにその筆跡も2人分あり,前半が返書の本文,後半がおそらく陰陽寮の職員がまとめた8つの客星の記録からなっています.また『明月記』は当時の公式文書に用いられた具注歴フォーマット (上部に2本線,下部に1本線を引く書式) に従っていますが,客星記録の部分だけそうなっていません.

明月記の客星記録のタイトルは「客星古現例」ではない

『明月記』における客星記録のタイトルを「客星古現例」と紹介する著述が散見されますが,正しくは「客星出現例」です.「古」に見える文字は「出」のくずし字です.定家の自筆原本が伝わる時雨亭文庫を管理する冷泉 (れいぜい) 家の現当主がそう証言しているそうですので間違いないでしょう.

なお「客星出現例」にある8つの記録のうち,寛弘三年 (1006年),天喜二年 (1054年),治承五年 (1181年) の3つは超新星爆発の記録で,残り5つはおそらく彗星です. この記録は1934年に神戸の貿易商・アマチュア天文家の射場保昭によって米国『Popular Astronomy』誌で世界に紹介され,1054年に起こった超新星 SN 1054 と,おうし座の超新星残骸 M1 (かに星雲) との一致が決定的なものとなった経緯があります. 当然ながら SN 1054 は定家の出生以前の出来事なので,定家自身が目撃したわけではありません. また,SN 1006 はおおかみ座,SN 1181 はカシオペヤ座の超新星で,肉眼での目撃記録が残る天の川銀河内の8つの超新星 (SNe 185, 386, 393, 1006, 1054, 1181, 1572, 1604) のうち3つが『明月記』にあることになります.SN 1181 については鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』にも記録があります.なお時代は全く違いますが,北半球のヨーロッパで詳しく観測されたカシオペヤ座の SN 1572 (ティコの新星) とへびつかい座の SN 1604 (ケプラーの新星) の記録が日本で残されていない理由はわかっていません (戦国時代だったから?).


松本 桂 (大阪教育大学 天文学研究室)
e-mail: katsura@cc.osaka-kyoiku.ac.jp