天文学の小ネタ集へ戻る

アインシュタインは宇宙項の導入に対して「生涯最大の誤ち」と言った

アルベルト・アインシュタインが一般相対性理論の方程式に自ら宇宙項を導入したことに対し「生涯最大の過ち」と言ったことは,長年,ジョージ・ガモフによる創作の可能性が高いとされていました.しかしいくつかの証拠によれば,実際にそのような発言をしたようです.少なくともアインシュタインがそのような思いをいだいていたことは間違いないようです.

アインシュタインは,1905年に発表した特殊相対性理論を加速度系を含めてより一般化した一般相対性理論を1915〜1916年にかけて発表しました.一般相対性理論の重力場を記述する方程式からは,宇宙が静的ではない (この場合,重力などの影響で縮む) と予見されました.アインシュタイン自身は宇宙は不変だと信じていたため,1917年に出版した論文 (英語翻訳) でそのような効果をキャンセルさせるための斥力となる宇宙項を方程式に追加しました.しかしその後,ルメートルハッブルによって宇宙が実際に膨張している (静的ではない) ことが観測的に明らかになり,アインシュタインは宇宙項を撤回しました.

なお,科学的には根拠薄弱であった宇宙項は現在,形を変えて復活しつつあります.Ia型超新星を標準光源とする銀河の距離測定からは,現在の宇宙の膨張速度はなぜか加速していることが判明しています.そのような加速のエネルギー源は正体不明であるため暗黒エネルギー (dark energy) と呼ばれ,宇宙の時空を記述する方程式において宇宙項の形で現れます.


松本 桂 (大阪教育大学 天文学研究室)
e-mail: katsura@cc.osaka-kyoiku.ac.jp